スタッドレスタイヤについて

スタッドレスタイヤ

冬の車の定番アイテムと言うと【スタッドレスタイヤ】です。

各タイヤメーカーも毎年10月を過ぎる頃から、一斉にテレビCMを開始しており、毎年毎年新しいタイプのスタッドレスタイヤが導入されてきます。

このスタッドレスタイヤの寿命は?空気圧は?と不安に感じるかたも多いと思うので、ご説明します。

スタッドレスタイヤの寿命について

スタッドレスタイヤは冬にしか履かないタイヤだから、何シーズンも使用する事が出来ると思っている方もいるでしょう。

ですが、当然寿命は存在します。目安としては、次の2点を見ます。

1.溝の深さ
スタッドレスタイヤのサイド部に矢印が付いてる部分にスタッドレスタイヤの限界線があります。

新品時から50%使用した場合にスタッドレスタイヤは、限界を迎えます。

50%以上溝が無くなると氷雪道路では性能が発揮される事ができなくなります。但し、これはスリップサインとは異なる為に、50%以上使用しても夏タイヤとしては使えます。

2.使用年数
スタッドレスタイヤは使用年数でも寿命を迎える事があります。それは夏用タイヤと同様に製造されてから3~4年が限界とされています。

この年数が経つとタイヤの油分が抜けて硬くなり、ゴムの劣化が考えられる為です。

購入してからの年数ではなく、あくまでも「製造されてからの年数」です。

タイヤサイド部に長丸の中に英数字の刻印がされており、下4けたの数字が2516となっていたら2016年の25週目に製造されたタイヤと言う事になります。

溝が残っていても、経過年数によっては性能が発揮できなくなっています。

スタッドレスタイヤの空気圧について

タイヤの空気圧表は運転席側のドアを開けた車体部分に表示されている事が多いです。

この表にはスタッドレスタイヤの空気圧の表示がされていないと勘違いされている場合が多いですが、スタッドレスタイヤも夏用タイヤも空気圧は同じなのです。

車種によって違いはありますが、2.0~2.4キロの空気圧表示がされており、表示通りの空気圧を入れる事で、スタッドレスタイヤの性能が発揮される事になります。

おすすめのスタッドレスタイヤ3選

スタッドレスタイヤと一概に言っても、メーカーやブランドによって種類が多数存在しています。

お薦めのスタッドレスタイヤを紹介しましょう。

1.ブシジストン BLIZZAK VRX

2013年から販売がされている、ブリジストンのスタッドレスタイヤの主軸に当たります。

アクティブ発泡ゴムを採用・非対称のトレッドパターン・非対称サイド形状を採用する事で、従来のスタッドレスタイヤより制動距離が10%短くなっています。

<価格>
タイヤのインチが12~20インチまであります。

約2万2000円~約16万円(4本購入)

<口コミ>
★「他社メーカーよりは価格は高めですが、性能面では価格以上の物が期待できます。」

★「タイヤの静粛性が良く、氷雪道路でのグリップ感が非常に高いので、安心して走行する事が出来ます。」

2.ダンロップ WINTER MAXX01

タイヤのブロック部の倒れ込みを抑える事で、凍結している路面でもグリップ力を活かせるMAXXシャープエッジと、表面は柔らかいがブロック部全体で高い剛性力を生み出すナノフィットゴムを採用しています。

ブレーキ性能は11%向上しタイヤ寿命1.5倍もアップしています。

<価格>
タイヤサイズは13~21インチまであります。

約2万4000円~約20万円(4本購入)

<口コミ>
★「タイヤが柔らかい為、夏用タイヤと制動距離が変わらず、アイスバーンを走行していませんが、通常の雪道なら全く問題はありません。」

★「初めてダンロップ製を履きましたが、ブリジストンと比較しても氷上性能や雪道の性能は変わらないと思います。」

3.ブリジストン BLIZZAK VRX2

ブリジストンのVRXを進化させた物で、アクティブ発泡ゴム2を採用しています。

より止まりやすく、新非対称ブロックパターンを採用しグリップ力が更に向上、ブロックパターンを最適化する事で、静粛性能やタイヤ寿命を向上させています。

<価格>
サイズは12~20インチまであります。

約2万4000円~約17万円

<口コミ>
★「法定速度範囲なら雪道やアイスバーンでも問題はありません。雪の降り始めや融け始めの滑りやすい路面でもグリップ力があります。」

★「走行音は非常に静かで夏用タイヤと同じくらいです。雪道性能は非常に高いので、後はどれだけ長く持ってくれるかです。」

おすすめのスタッドレスタイヤチェーン3選

車の冬のアイテムとしてスタッドレスタイヤ以外の定番はタイヤチェーンです。

1.SNOW GRIP TEX

SNOW GRIP TEXは今までの金属チェーンや非金属チェーンとは違ってグリップ面に布を採用している布製チェーンになります。

装着する場合も非常に簡単で重さも1㎏しか無いので非常に軽く出来ています。

緊急用チェーンという扱いに近い物で、急な雪への対応力は高いです。

価格:5980円

https://item.rakuten.co.jp/e-kurashi/17744/

2.非金属チェーン

メーカーは不明ですが、タイヤの側面までカバーしている設計になっているので、アイスバーンなどでの横滑りが出にくいタイプです。

また熱可塑性ポリウレタン樹脂を採用しているので耐久性に優れています。

スパイクピンには鋼を使用しているのでアイスバーンにも最適な制動が期待できます。

価格:5880円

https://item.rakuten.co.jp/car-fuji/fj4878/?#allp

3.分割式非金属チェーン

普通の非金属チェーンとは違って4ピースで1本分に当たる分割式非金属チェーンです。

取り付けは非常に簡単で、女性でも楽に取り付けが出来ます。また布製ベルトで締めつけるのでホイールに傷が付きにくいです。

締め付けも専用工具を使用しますが、ホイールを傷付けないようになっています。

価格:3580円

https://item.rakuten.co.jp/homeown/tire-chain-p2/

スタッドレスタイヤを履いていれば、突然の雪にも安心して走行する事が出来ます。

「値段が高くて…」「そんなに使わないのに…」と思う方は、最低でもチェーンは持っていた方がいいです。


『楽天』おすすめランキング

キーワード

商品ジャンル
並び順


tamasanをフォローする
『楽天』人気アクセス